仕事の効率をアップする休憩の取り方

お茶やコーヒーがおすすめ

カフェインを摂取しよう

コーヒーには、カフェインという成分が含まれています。
カフェインの効果で、脳が目覚めて再び元気に仕事に取り組むことができます。
休憩する時には、コーヒーなどのドリンクを飲むのが良い方法です。
カフェインを過剰摂取すると、健康に害を与えるという話をよく聞きます。
ですが、コーヒーなら1日3杯から5杯ぐらいまでなら何も問題はありません。

飲みすぎには注意して、カフェインの効果を上手使ってください。
日本茶や紅茶にも、カフェインが含まれています。
毎日コーヒーでは飽きるので、何種類かをローテンションして飲むと飽きずに飲み続けることができます。
疲れが溜まってきたと思ったら無理しないで休んで、コーヒーやお茶で気分転換してください。

甘いドリンクに注意

甘いものは、満腹感を与えます。
ですから仕事中に飲むと、眠くなって作業効率が悪くなってしまう可能性があります。
なるべく甘いジュースは、飲まないようにしましょう。
どうしても疲れて甘いものを摂取したくなったら、チョコレートを少し食べるぐらいなら大丈夫です。
仕事中はコーヒーを飲む人がいますが、ミルクや砂糖を入れすぎないように注意してください。

カフェインが脳に良い働きをしてくれますが、糖分が邪魔をしてしまいます。
できれば何も入れないで飲んだ方が、カフェインが正常に働くので仕事が円滑に進みます。
休憩中に気分転換だと言ってお菓子を食べる人が多いですが、食べ過ぎる危険性があるので自分で食欲をコントロールしてください。


この記事をシェアする