仕事の効率をアップする休憩の取り方

良い休憩の仕方を学ぼう

スマートフォンの操作は控えよう

現代人の多くは、スマートフォンを持っていると思います。
空いた時間があると、いつでも操作してしまう人がいるのではないでしょうか。
ですがスマートフォンをいじることで集中力が低下して、作業効率が悪くなってしまいます。
スマートフォンを操作することは、悪い休憩方法だと言われているので控えてください。

また、本を読んで気分転換をしようと思っている人も見られます。
ですが読み始めたら止まらなくなってしまうことが考えられるので、なるべく本も控えた方が良いです。
どうしても読みたいなら、すぐに終わる短編集にすることをおすすめします。
長編は区切りが良いところまで読もうと思っても、結局読み終えてしまったという事態に陥ります。

遠くの景色を見つめよう

デスクワークが続いていると、肩や腕が疲れます。
ですが疲れている部分は、そこだけではありません。
目も疲れているので、回復させる意識をもってください。
遠くの景色を見つめることで、目の負担を減らすことができます。
休憩時間はスマートフォンをいじったり本を読んだりしないで、静かに遠くの景色を見つけてください。

遠くの景色を見ることぐらいだったら、いつでもできます。
目が疲れたと思ったら、その時点で見てください。
あとで休憩すれば良いと思っても、疲れが大きくなると少し休憩したぐらいでは回復できなくなります。
作業効率を向上させるためには、疲れたと思ったらその時点で休む意識が重要です。
休憩することは悪いことではありません。


この記事をシェアする