仕事の効率をアップする休憩の取り方

正しい休憩の仕方を知る

トイレ休憩を挟もう

1時間に1回は、トイレ休憩を挟んでください。
何時間も座りっぱなしの状態は、健康に悪いです。
トイレに行けば適度に運動できるので、身体をほぐす役割があります。
また、集中力を継続させることにも力を発揮してくれます。
仕事を進める時は、集中力が大きなカギを握っています。
デスクワークが続くと、最初は集中できても次第に作業効率が遅くなっていきます。

その頃が、集中力の途切れたサインだと思ってください。
トイレに行くために少し歩けば、気分転換になるので戻って来て再び仕事に集中して取り組めると思います。
集中力を継続させることで、作業効率がもっと良くなることを期待できます。
無理して作業を進めないで、トイレ休憩を挟んでください。

簡単なストレッチをする

その場でできる、簡単なストレッチがあります。
休憩時間に試すことで気分転換になるので、集中力が持続します。
特にデスクワークが何時間も続いていると、身体が固くなります。
筋肉を伸ばして、負担を減らしてください。
広いスペースが必要になるストレッチでは、周囲の迷惑になりますしやっている本人も目立つので恥ずかしく感じると思います。

腕を伸ばしたり、少し曲げたりするだけでもストレッチになります。
また、簡単に体をほぐすマッサージ器が販売されているので、それを使っても良いと思います。
小型のマッサージ器は、2000円から3000円で購入できます。
出費が負担に感じるかもしれませんが、それだけで身体をほぐして作業効率が良くなるなら安いものです。


この記事をシェアする