速度を上げる方法は?工事に一気にスピードアップ

まずは自分で出来る事はやってみよう!

自分の使い方を分析してみよう

インターネット接続がうまくいかない。そう思った時、まず自分の使い方や環境を見直して見ましょう。現在ではインターネット回線があるのはほぼ当たり前となり、自宅で複数台接続をしているのも珍しくありません。

ルーターの性能や型式によっても異なりますが、1台に付き10台程度が接続可能台数となります。それ以上接続すると不具合が起きる可能性もありますし、速度低下の原因となります。ルーターを置いている場所から離れると極端に接続が悪くなるケースもあるので、接続する場所を変える。それが難しい場合は間に中継器を設置するのも良いです。

無線接続をしている場合、5Ghzに比べて2.4Ghzの方がノイズの影響を受けるので切り替えて接続確認するのも良いでしょう。

アップデートで改善するかも?

パソコンやスマホのアップデートをするのは当たり前ですが、モデムやルーターなどの接続機器のアップデートはしていない。そもそもアップデートの必要性がわからないと考える方はとても多いです。

接続機器のアップデートはバグ修正だけでは無く、新しい接続規格に対応する為の大切なステップなので速度が遅い。または接続が出来ない・不安定という場合はアップデートを行いましょう。またルーターの管理画面には現時点でそのくらいのパケットを利用しているかを確認出来るページもあるので、速度制限の有無をチェック出来ます。

自分で設定変更・確認は費用も発生しませんし、何より自分の環境や状況を知れるので同じ不具合が起きた時に対処出来ます。


この記事をシェアする
TOPへ