速度を上げる方法は?工事に一気にスピードアップ

インターネットの歴史を紐解く

家具やルーターの配置を替えてからの不具合

自宅の模様替えや引越しをしてから、インターネット接続がうまくいかない。すぐに回線事業者へ相談するのでは無く、家具やルーターの配置場所を改善すると良いでしょう。

利用しているネット環境によっても異なります、光ファイバーなどの自宅に回線を引くタイプであれば、終端装置の周りにノイズを発生する可能性のあるレンジ・冷蔵庫を置くのはNGです。無線ルーターやWiFi接続機器も阻害を受ける原因になるので気をつけて下さい。

WiFi接続機器やルーターは出来るだけ窓の近くに置くと速度が安定します。引越しの場合は事前にエリアチェックをしておくと良いです。仮に対応していないエリアであれば、回線事業者へ連絡の上契約内容を変更するのも賢い方法です。

悪天候や台風後からの不具合

インターネット回線はとても繊細な信号なので天候にも左右されます。大雨や風の強い日、または台風の時期はインターネットが普段よりも遅いと感じた事はありませんか?

インターネットの信号は収容局から自宅へ送られているのですが、電波は震動を含むノイズの影響を受けやすいのでその間にダメージを受けて速度が遅くなります。酷い時は電波自体が途切れてしまい、接続不可となるケースもあります。台風により大規模な停電が起きると、それに伴い通信障害が発生します。

これらの不具合に関しては個人でどうしようも無いので、回線事業者へ相談して下さい。通信障害の場合、電話はとても込み合っているのでメールやチャットサービスを使うと良いです。


この記事をシェアする
TOPへ